食べるラー油 通販で手に入れた!


食べるラー油が爆発的に売れている。スーパーでパートをしている妻が
桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」が売り場に並んだ瞬間に
売り切れになっているという話をしていた。


同じくエスビー食品の「ぶっかけ!おかずラー油チョイ〜辛」も売り切れ
状態が続いている。2009年8月に発売した桃屋に対して、
2010年4月に発売したエスビー食品が販売数で並ぼうとしている。


元々この食べるラー油人気がどこから始まったのかといえば、
東京都中央区日本橋にある中華料理店「アジア料理 菜心」に食べるラー油
人気のルーツがあるという。この店には10年以上前から食べるラー油
あるのです。ここの特製ラー油は揚げたガーリックや唐辛子、スパイスが
入った油2割・実8割の配合です。温かいご飯にかけて食べると辛さと
旨みで何杯でもご飯が進みこのラー油目当てで通う人がたくさんいるのです。
どれだけ食べてもタダというすぐれもので、店の人も折角来てくれている
お客さんにないとは言えないので品切れにはならないようにしている。
ここの食べるラー油はお土産用に500円で提供しています。


「アジア料理 菜心」の近くに本社がある桃屋食べるラー油を商品化した
のは偶然ではないようで、味も似ているという評判らしい。
是非とも一度「アジア料理 菜心」に新幹線に乗って食べに行きたいと思う。


食べるラー油のルーツはこれだけではありません。爆発的な人気になったのは
他にも有名な食べるラー油があるのです。それは沖縄石垣島の「石垣島ラー油」です。
通称「石ラー」と言います。「石ラー」は全て石垣島で取れる材料で出来ている。
島唐辛子、春秋ウコン、ピヤーシ(島コショウ)、石垣の塩、黒糖、ニンニク等々。
現在入手困難で「幻の石ラー」状態となっています。


辛味が強くなく旨みとコクがある。いろいろな料理に入れて食べるとうまい。
味噌汁やカレーやラーメンなどいろいろなものに合います。
石垣島ラー油」は辺銀(ペンギン)食堂が製造しているのが元祖です。


さて、ブームに火をつけた桃屋エスビー食品はどちらも揚げニンニク、
揚げタマネギを使っていますが、エスビー食品がアーモンドを入れて違いを
出しています。どちらも辛さはほどほどで、とても香りが良い。
桃屋エスビー食品以外にもおいしい食べるラー油で通販で手に入るものを
紹介します。


★ご存知ブームの火付け役、桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」


003.jpg












桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油はコチラから



★S&B エスビー食品 ぶかっけ!おかずラー油


004.jpg















エスビー食品 ぶかっけ!おかずラー油はコチラから




★辺銀食堂の石垣島ラー油


005.jpg











辺銀食堂の石垣島ラー油はコチラから



★てぃだかんかん島とうがらしラー油


006.jpg















てぃだかんかん島とうがらしラー油はコチラから

レンタルサーバー 独自ドメインのメールアドレスを使おう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。